ホーム > 学会概要 > 学会誌

学会誌

gakkaisi.png

1号(2011年2月)

  • 「医療専攻学生に対するメディアリテラシー調査・分析 -医療倫理、政治、スポーツを題材として-」
    柴岡信一郎(タイケン学園)
  • 「公衆通信回線端末設備のおける標準インターフェース条件 -主に論理的条件について-」
    渋井二三男(城西大学)
  • 「坂戸市・城西大学共同プロジェクト「水中リハビリ教室」における水中運動による身体、生理的応答の臨床的考査研究報告」
    水野加寿(城西大学) 坂戸市健康増進部
  • 「過去から遠く離れて -『儀式』をめぐる映画批評の必要性-」
    牛田あや美(京都造形芸術大学)
  • 「通信制高校におけるe-Mail によるコミュニケーションを主体にした学習支援」
    小林裕光(埼玉県立大宮中央高等学校)
  • 「生涯学習と数学教育普及のための参加型e-learning の試み」
    鳥谷尾秀行(秀明大学)

2号(2012年2月)

  • 「国策宣伝グラフ誌『写真週報』に見るスポーツイメージの活用方策
    柴岡信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 「NETWORK&COMPUTERのCOMMUNICATIONの社会的進展過程」
    渋井二三男(城西大学)
  • 「坂戸市・城西大学共同プロジェクト「水中リハビリ教室」における水中運動による身体、生理的応答の臨床的考査研究報告」
    水野加寿(城西大学)
    柴岡信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)
    鳥谷尾秀行(秀明大学)
    小林裕光(埼玉県立大宮中央高等学校)
    渋井ニ三男(城西大学)
    坂戸市健康増進部健康政策課
  • 「水中運動療法の可視化とコミュニケーションボード作成について」
    藤木太郎(水治運動療法士)
  • 「感覚統合を踏まえたコミュニケーションスキルと水中運動訓練法の一考査」
    駒井順子(チームM2K)
  • 「脳性小児まひ児童に対するコミュニケーション教育と水治運動療法について」
    戸井幸子(水治運動療法士)
  • 「脳出血右片麻痺クライアントに対する水中立位運動による患肢部位へのストレッチ効果とコミュニケーション効果について」
    佐藤玲奈(水治運動療法士)
  • 「埼玉県の高等学校通信制課程における諸問題について」
    小林裕光(埼玉県立大宮中央高等学校)
  • 「薬学分野における多職種連携コミュニケーション教育の現状と展望」
    大野尚仁(東京薬科大学)
  • 「生涯学習、数学教育普及のための参加型e-learningの試み(その2)」
    鳥谷尾秀行(秀明大学)

3号(2013年3月)

  • 「写真の特性を用いたメディアリテラシー教材の開発」
    柴岡信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 「社会福祉健康文化ICF社会モデルにおけるOxford Scale1978」
    水野加寿(城西大学)
  • 「医療人教育における教育目標のタキソノミーに関する考察」
    大野尚仁(東京薬科大学)
  • 「教育的視点から考察したOperating Systemにおけるソフトウェアの最新開発手法 その1:分割・連結」
    渋井二三夫(城西大学)

4号(2014年3月)

  • 卒論研究におけるコースワークとしてのワークショップの導入
    三浦 典子、石橋 健一、安達 禎之、大野 尚仁(東京薬科大学)
  • ジョハリの窓を用いたポジティブな評定による気分の変容について
    荒木 みさこ、尾野 明美(桜美林大学健康福祉研究所)
  • ディサービスにおけるオックスフォードバス療法にみる入浴運動療法への一考査
    水野 和寿(城西大学)
  • メディアリテラシー教育におけるメディア情報の発信者と受け手の関係性
    柴岡 信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)
  • 知らないと危険!―TPP国際標化時代対応、グローバルビジネス入門としての知的財産権の対処・学習―
    渋井 二三男(城西大学)

5号(2015年3月)

  • 情報発信型メディアリテラシー教育の開発
    柴岡 信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)
  • パフォーマンスの向上を目指したコミュニケーション演習の試み
    大野尚仁(東京薬科大学)
  • A Systematic  Approach to Developing Web Virtual Programming language about MAN  Machine Computer Communication
    Shinichirou SHIBAOKA、Shigemi SAKAMOTO,Fumio Shibui 
  • 新たな社会福祉健康文化(教育)構築の核と成り得るか‐地域参加型プログラム“水中リハビリ運動教室”について-
    水野加寿(城西大学水泳部水中運動リハビリテーション研究室)
  • 医療現場で使えるコミュニケーション技術-可視化教材を用いた-
    坂本 重己(日本医療科学大学)

6号(2017年3月)

  • 戦時下の対外文化宣伝雑誌『NIPPON』における体育・スポーツのイメージ  
    柴岡 信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)    
  • 教育目標taxonomyの再考、BloomとGuilbert
    菅原 直人(さいたま赤十字病院薬剤部)大野 尚仁(東京薬科大学薬学部免疫学教室) 
  • 薬学教育に「ナラティブ」という視点を導入することの必要性、重要性
    菅原 直人(さいたま赤十字病院薬剤部)
    大野 尚仁(東京薬科大学薬学部免疫学教室)
    町田 充(さいたま赤十字病院薬剤部)
  • 医療系大学におけるコミュニケーション教育について
    坂本 重己、酒井 健一(群馬パース大学) 
    柴岡 信一郎(日本ウェルネススポーツ大学)
    渋井 二三男(城西大学)
  • コミュニケーションによる人生開花
    坂上 宏(明海大学歯科医学総合研究所) 
  • A  systematic  approach  to  developing  web virtual  programming  language  about  human  machine computer  communication 
    Fumio Shibui(Josai University)
    Shigemi SAKAMOTO(Nihon Institute of Medical Science)
    Akiko Nozaki (Nihon Wellness Sports College)
    Fumio Shibui(Josai University)
    Shinichirou SHIBAOKA(Nihon Wellness Sports University)